会社案内

ヒストリー

1966年
静岡県浜松市でみかんの栽培を開始。
1970年
肥育牛の畜産、梨の栽培など農業として多角化を図り、事業のメインを肥育牛の畜産に移行。
1980年代
「なぜ農業は、農家が生産した農作物に、値段を付けられないのか」当時の農業のあり方に疑問を抱き、農産物の直売に力を入れ始める。
1989年
肥育牛の畜産業からサボテン栽培に転換し夫婦で事業に取り組む事を決意。「野末サボテン」としてスタートします。
「この見た目に面白い植物をもっと世の中に広めたい」農業の先行きが不安視される中、サボテンに出会います。
1996年
サボテンや多肉植物、他農産品の直売店 サボテンランド カクト・ロコ をオープン。
サボテンや多肉植物の生産と様々な農産品の直売に力を入れる。
「農作物は日本の大地から湧き出る唯一の資源」その思いを糧に「生きた大地に人が育つ」農の舞台で、様々な人々と夢を語りながら営農していく事に月日を忘れるほど夢中になりました。
2004年
法人化し「株式会社カクト・ロコ」としてスタート。生産のメインを多肉植物に移行。
夫婦2人、互いに50歳を過ぎた頃、いくら夢を語っても夫婦単位では次世代にこの想いを継ぐことは難しいと考えるようになりました。
誰でも経営を継承でき、組織で農業を営む事が出来るよう2004年10月28日「株式会社カクト・ロコ」として再スタートします。
当時、認知度が低い植物であった「多肉植物」をメインに生産するようになります。
2014年
第10期を終え、従業員数が70名を超える。
少しでも手に取りやすく、わかりやすい植物として販売できるよう生産の拡充と、ホームページのリニューアルに伴った「多肉植物図鑑」で300種を超える品種情報の掲載を開始しました。
2017年
直営店のリニューアル
お買い物後、お客様にくつろいでいただけるようカフェスペースの新設と売り場の改装に伴い販売品目の拡充をしました。

経営理念

私たちの想いを次世代に新たな農の舞台で、そこに集まる人々が楽しく踊る姿を想像して…
『株式会社カクト・ロコ』はお客様と共に常に進化する企業です。
※カクト・ロコはスペイン語でサボテンに夢中という意味。

カクト・ロコ 経営理念
経営理念は「野末サボテン」より受け継いでいます。
園芸教室を通して「花育」にも積極的に取り組んでいます。
園芸教室を通して「花育」にも積極的に取り組んでいます。

会社概要

株式会社カクト・ロコは多肉植物を中心にサボテンや他園芸植物を生産、卸販売する農業生産法人です。

流通における株式会社カクト・ロコの役割り
  • 植物生産のプロとして、各品種のもてる魅力を最大限に引き出すよう努力します。
  • 生産する人・届ける人・販売する人 三位一体となり楽しむ人に豊かなライフスタイルの提案をします。
  • 楽しむ人のニーズを読み取り、すみやかに生産・販売に反映します。
  • 新鮮で安定したサイズ・状態の植物を切れ間なく生産・販売することに努力します。

カクト・ロコの基本姿勢

(株)カクト・ロコは女性の社会進出を推進しています。

農業の未来をつくる女性活躍経営体100選(WAP100)
平成27年度WAP100第2期受賞経営体
http://hojin.or.jp/standard/100/

(株)カクト・ロコは女性の社会進出を推進しています。

会社概要

カクト・ロコ外観

会社名
株式会社カクト・ロコ
代表取締役
野末信子
所在地
静岡県浜松市北区都田町1672-3
TEL
053-428-2694
FAX
053-428-4778
E-mail
info@cactoloco.jp
創業
1966年
設立
2004年
資本金
800万
事業内容
多肉植物、サボテン、他園芸植物の生産、卸、小売
耕作面積
約45,000㎡(2016年現在)

株式会社カクト・ロコ 代表取締役社長 野末信子

株式会社カクト・ロコ 代表取締役社長

野末信子

カクト・ロコ社員一同

株式会社カクト・ロコ 社員一同

▲ページトップへ戻る